悪質出会い系を潰そうの会トップ

サイトマップ

求人UG(中編)

天気がこれでもかってぐらいいいのに寒くて洗濯物が凍って
うっかりしてしまうようなある日の事…
悪質出会い系を潰そうの会社内で遺恨が勃発した。

課長「貴様!今日までの期限のものをどうしてやってこなかった!」
若手社員「いやあの…その」
課長「大事なものなんだぞ?報告書がない今どう説明するんだ?あ!?」
若手社員「期限がない中やらしたじゃないですか…」
課長「何だ?口答えすんのか?」
若手社員「好きなようにして下さいよ」
課長「てめえは懲戒解雇だ!」
若手社員「え?何すかそれ?」
課長「懲戒解雇だ!てめえ意味分かってんのかぁ?!」
若手社員「カッコいいですね、懲戒解雇にして下さいよ」
課長「望み通りにしてやらぁぁ!」



この勢いのまま年末に社員が懲戒解雇、人員は厳選する為に人手不足なのです。
こんなにも苦戦するとは思ってもなかった。

東主任「中々いい人材いませんね」
課長「まったくだ、次どうぞ」
謎の男「失礼します」
東主任「?…どうぞ座って下さい」
課長「何か今までの奴とは雰囲気が違うな」
東主任「ですよね…何だこの威圧感は」

謎の男「失礼します、名前は真島マコです」
東主任「宜しくお願いします、では最初に何故うちの会社を受けたのですか?」
真島マコ「勘です、ここでならやれると」
課長「勘ともなると根拠がないのではないですかな?その辺りは?」
真島マコ「私の勘ははずれた事がありません。」
東主任「たいした自信ですね、今うちの代表がですね」
真島マコ「入院されてるんですよね?」
東主任「よく知ってらっしゃいますね」
真島マコ「その悪質会社で部長をやってましたので」
課長、東主任「?!」

突然の事で同様した

真島マコ「私は隠すつもりはありません」
東主任「何故うちに面接に来られたんですか?」
真島マコ「この人について行きたいと心から思いました」
課長「…?」
真島マコ「今まで人を騙して生きていく事に何のためらいもなかったんですが、
あの襲撃の日私は東主任と吉田社長を潰せと部下を動かしました。」
課長「おかげで代表は病院送りですよ、」
真島マコ「向こうの会社はやめてきました。
裏切り者にはそれなりの制裁があるのですがそれも受けてきてます。」
課長「制裁というと?」
真島マコ「このとおりです、あばらが折れてます。裏切り者はこうなるんです」
東主任「そこまでしてやめるとは、本気なんですね。うちで働きたいのは」
真島マコ「そうじゃないんでしたら部長ってポストは捨てませんよ。」
課長「病院に代表がいます、最後の判断は代表にしてもらいますよ」
真島マコ「吉田さんに認めてもらえなければ意味はありませんから、当然です。」
東主任「では、代表に電話します」

因縁の悪質会社で働いてた男が何とうちに面接に来た、
今後どうなってしまうのか?
今後期待!
続く。

吉雄審査済み安全優良サイト

  • ハートフルステーション : 初心者に優しい、始めて出会いを求める人にお薦め!
  • センター : 忙しい社会人に人気の大人の出会い系サイト!
  • NOEL : 業界大手の老舗サイトの最近のトレンドは「軽会い」。気軽に会おう
  • らぶらぶメール : 今が旬!注目の恋愛コミュニティサイトだ!
  • Deeps : もっとも真剣な出会いを応援している出会い支援サイトだ!