悪質出会い系を潰そうの会トップ

サイトマップ

突撃UG!

部下1「いつでも突入可能です、指示をお願いします。」

悪質サイトの運営会社に今まさに突入しようという瞬間だ。

吉雄「総員、次の指示を出すまでは現状のまま待機。いいな?」

課長「え?どうされるのですか?」

吉雄「突入前に会社の内部状況を知っておく必要はある、」

課長「た、たしかに。だけど今になって…そんな事」


もっともな意見だ


吉雄「計画通りに必ずいくとは限らないだろうが?念には念だ。分かるか?」

課長「はい、了解です。」

吉雄「見た目が地味な二人をスーツに着替えさせろ」

課長「その二人を潜入させるという事ですか?」

吉雄「そうだ、早くしろ」



部隊の中でも見た目が普通の二人が選ばれた。



吉雄「お前らはこれを見せて○○プロジェクトの件でお伺いしました。と受付のお姉さんに言うんだ」

部下二人「はい、では行きます」

吉雄「心配するな、いつでも突撃準備は出来ているのだから。では、」

吉雄「始めるぞ?所定の意味からの移動はするな、各自持ち場で指示があるまで待機」

部下一同「了解!」



そして部下二人が侵入、そして会社受付のお姉さんに

変装部下1「すいません、○○プロジェクトの件でお伺いしました。」

お姉さん「はい、ただいま担当の者へご連絡致しますので少々お待ち下さい。」

変装部下1「少々待機します」

吉雄「よし、気づかれるなよ」

そして担当を名乗る男が現れた

悪質業者幹部「どうもはじめまして、担当の真澄といいます」

変装部下「こちらこそ宜しくお願い致します。」

悪質業者幹部「立ち話しもなんですし、こちらへどうぞ」

変装部下「恐縮です、」

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   ,――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・)
   (6       つ  |
   |      ___  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < 梨本かよ
 /|         /\   \________


一同「ええ?」

吉雄「すまん、音声入れてた」

課長「代表、まだ待機しますか?どうしますか?」

吉雄「無論待機だ」

課長「総員このまま待機、指示を待て」

一同「了解!」



悪質業者幹部「それでは、お聞きしますが」

変装部下「ええ、何でしょうか?」


ここでこちらの動きをすでに気づいていたと思われる発言が飛び出す!


悪質業者幹部「外にいるあの物騒な武装集団はお知り合いですかな?」

変装部下「え?と言われますと?」

悪質業者幹部「とぼけないで下さい、我々だって何も知らない訳ではありませんよ」

課長「代表こちらの動きに感づいてるようですが」

吉雄「ち、総員、第一移動ポイントまで移動、予定通りの作戦で行くぞ」

部下一同「了解、代表待機している者がいますが?」

吉雄「何ぃぃ?」

ここで音声が切り替わる



悪質業者幹部「お宅は何処の悪質業者さんですか?正義を潰しに来るとはいい度胸ですね」

吉雄「自分達がしてきた事を棚にあげて正義とは寝言でも言ってるのか?」


悪質業者幹部「あんたが最近業界を騒がせてる悪質出会い系を潰そうの会ですか?」

吉雄「そういう事だ、お前らの詐欺行為見過ごす訳にはいかないのでね、ここで引導を渡してやる」

悪質業者幹部「そんな大口がいつまでたたけますかな?」

ここでこの戦いを大きく左右する事が起きる!

部下一同!「よし!確保!」 悪質業者幹部「何と、配置した部下がいたはずだぞ?」

部下1「外で踊ってますけど?」

ガラが悪い部下1「オイ、踊れやコラぁ」

ガラが悪い部下2「元気ねえんだよ!」

悪質業者幹部「え?え?そんな馬鹿な」

変装部下「数も違いますし色んな部下がいるんですよ。

貴方の所へ部下は素直であっさり言うとおりにしました」

吉雄「諦めるか?それともまだ抵抗するか?どうする?」

悪質業者幹部「戦う理由もない、証拠もない、貴様ら全員不法侵入で警察のお縄だ!」

吉雄「おやおや、課長あれを」

課長「はい」

吉雄「これを耳の穴かっぽじって」

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   ,――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・)
   (6       つ  |
   |      ___  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < よ~く聞け!
 /|         /\   \________


録音テープが再生される、そして



悪質業者「な…何で…」

吉雄「うちの部下が手に入れたものでね、何せ優秀な部下がいるからこんなものすぐに手に入る」



音声テープの中には表の裏が取引きしたと思われる肉声、これは間違いなく本人のものだ。



悪質業者幹部「勝ち目がない…負けました、すいません」

吉雄「俺に謝られても解決にならないんだよ」

悪質業者幹部「だけどあんただって少しは悪い事してやろうとか考えるだろ?違うか?」

吉雄「悪い事?例えばどんな事だ?」

悪質業者幹部「騙して登録させて多額な請求取れば大もうけが出来る!」

吉雄「せいぜい檻の中で騙してきた人への重みを感じてこい。」

吉雄「人を騙して甘い汁をさんざん吸ってきたか」

悪質業者幹部「そりゃあ…もちろんですよ。」



ここで警察が登場、どうやら悪質会社が通報したらしいが捕まるのは奴等の方だ

事情を説明する事25分…

警察「念の為署でもう一度お話しをお聞きしても宜しいでしょうか?」

吉雄「構いませんよ、」

警察「ではこちらへ」

悪質業者幹部「吉雄さん、あんたに最後に言っておくぞ」

吉雄「どうせ最後だ、聞いてやろう。何だ?」

悪質業者幹部「所詮うちがパクられた所で悪質会社は減らない。今後もね」

吉雄「それを消していくのが俺の仕事だ、じゃあな」

悪質業者「檻の中から鑑賞させてもらいますよ、いつか貴方は潰される側になる事を忘れずに」

吉雄「そんなものはこの仕事を始めたときから覚悟してんだよ、」

警察「おら、もう行くぞ」

悪質業者幹部「それではお元気で」

吉雄「ああ」

課長「代表、あとで迎えの車行かせますので終わり次第後連絡下さい」 吉雄「おう、あとでな。みんなに伝えておいてくれ。みんなのおかげで作戦が成功した。」

課長「分かりました、総員任務終了。撤収作業にかかれ、繰り返す鉄集作業にかかれ」



表社会に正しいものと正しくないもの、正しいものが潰され悪が生き残る。

こんな現実が日々増えている、そんな現実は全て破壊してやる。



東「さすが代表だ、出る幕なんてなかったな。」

東部下「このまま撤退ですかね?」

東「そうだな、助っ人の必要はないみたいだからな、帰るぞ」

東部下一同「あぃっす」



二人の友情もまたこれからの活動に大きく左右していく事になる。

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   ,――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・)
   (6       つ  |
   |      ___  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < 撤退!
 /|         /\   \________


吉雄審査済み安全優良サイト

  • ハートフルステーション : 初心者に優しい、始めて出会いを求める人にお薦め!
  • センター : 忙しい社会人に人気の大人の出会い系サイト!
  • NOEL : 業界大手の老舗サイトの最近のトレンドは「軽会い」。気軽に会おう
  • らぶらぶメール : 今が旬!注目の恋愛コミュニティサイトだ!
  • Deeps : もっとも真剣な出会いを応援している出会い支援サイトだ!