悪質出会い系を潰そうの会トップ

サイトマップ

仁義鳴き吉雄、妄想銃撃戦編

朝はまったり過ごしたいもんですね、朝がくると何を思いますか?
そりゃあもちろん
「朝になっちゃったな」
え?違うんですか?いやいやそうでしょ~
誰も俺とのコミュニケーションをとってくれる人がいないのでこうするしかないんです。
闇は明け一日の始まりを告げる聖なる光がさしこむ…
「あれ、曇りじゃん」
夢の中でも現実にあった事ではないのですが業者と戦う夢をみました。
最近戦ってばかりなのですが一体なんなんでしょうか?
一切意味が分かんない。
まあ病気なのか悪質出会い系を潰そうとしようという、
気持ちが夢にまで出てきてしまうとりあえず入院が必要かもしれませんが、
早速その夢の中であった悪質業者との戦いをどうぞご覧下さい

拳銃

「ここまで来るとはさすがだな」
「あいにくヤワな男ではないんでね」
「ふ、だてに悪質出会い系を潰そうの会管理人を名乗るだけの事はある訳だ」
「今までどれだけの業者が俺の手によって潰されたか分かるだろ」
「ああ、だが俺は今までの奴のようにはいかないぜ」
「悪いがお前らの悪事もここまでだ、覚悟してもらう」
「そうか、俺とお前は戦う運命にありそれは時として避けられないものだったのかもしれないな」
「お前は潰す、それが世の中の為でみんなの希望だ」
「誰もお前なんかに平和を望んじゃいないぜ」
「いくぞ!」
「勝負だ」(一緒に同じ事言った)
前おきがまあいつものように長い訳だが今度は二人していきなり拳銃を取り出す
まあ殺し合いですね、仁義だ仁義。兄弟仁義じゃないのは伝わってるよね?
これがまた夢の中の話しという事もあって何故がの扱いになれているんだな
「ここがお前の墓場だ!」
「何だとコラ!お前の墓場だ」
「おめえだよ」
「るせぇな!てめえの墓場だ」
「だからお前だって言ってるだろ!」
銃撃は激しく…そして壮絶に…
「ぐぁ…」
「ふぁははは、どうやら俺のが一枚上手だったようだ」
「くそ…てめえなんかに…」
「死ぬのはてめえだ」
「るせ、てめえだ」
「お前が死ぬんだよ」
「パン」
「ぬお!」
「夢か…」
俺は夢の中で肩を打たれて危うく死ぬところでした、いや本当に怖かった。
正直びびったし、銃なんて打った事ないっていうのに、
何で手馴れてるんだよ!
夢だからって何でもいいってもんじゃねえ!

まあキレも仕方ないんですけど。
朝起きてこんな夢みるなんて…いつか打ち合いでもするのかな?
家の引き出しにがあるのかな…
「ゴソゴソ…ないな」
やっぱ夢か、
「俺の拳銃


吉雄審査済み安全優良サイト

  • ハートフルステーション : 初心者に優しい、始めて出会いを求める人にお薦め!
  • センター : 忙しい社会人に人気の大人の出会い系サイト!
  • NOEL : 業界大手の老舗サイトの最近のトレンドは「軽会い」。気軽に会おう
  • らぶらぶメール : 今が旬!注目の恋愛コミュニティサイトだ!
  • Deeps : もっとも真剣な出会いを応援している出会い支援サイトだ!