悪質出会い系を潰そうの会トップ

サイトマップ

再び遭遇!街頭で激突編

いや~この前いきなりドアを開けられてそりゃ、どうしたらいいかって 色々考えます。
いきなり何の話しをしてるんだ?みたいな空気になっているのは気のせいですか?
まあそれはいいんですけど…
実はこの前記事にも書いたんだけど悪質業者とストリートファイトしたのだが
まだ全ては終わってなかった。
甘く見ていた部分があった事に反省しなければと思った訳です。
何故か仕事の帰りに遭遇するこの悪質業者(しかもつれが前回と一緒)とまた遭遇したところから この話しをしていきたいと思います。
どうぞご覧下さい。
「あ~今日は何食って帰るかな、昨日は松屋だし」
いつものように帰り家に帰る前に食事を済ませようとキョロキョロしてるところに

またしても奴等が俺の前に現れました

「おいおい、まさかこんなすぐにまた会えるなんて思ってもみなかったぜ」
「ん?」
そんな声が後ろから聞こえてくる訳なのですが振り向くとまた俺の表情が変わっていく訳です。
その表情をお伝え出来ないのが実に残念で仕方ありません。
悪質出会い系を潰そうの会の吉田吉雄さんが安飯ですか?」
「あ?何だと?」
「図星だったらごめんね、はは」
「おいてめえよくも檻の中にぶち込んでくれたな、ふざけながって!」
何かながってって言ったぞこいつ
「もう出てきたのか?」
「ふざけんな!あんなもん一日で出てこれるわ!頭悪いんだよ!」
「お前のが頭悪いんだよ」
「てめえだよ」
そんな形でまたヤンキーの口論のように話しグタグタに進んで行く。
「人様騙して美味しいご飯を食べようとはまったくなめた奴等だ。」
「口は達者だがその松屋の持ち帰りの袋のせいで説得力がないぜ」
「まったくだよ、ギャハハ」
俺が購入した生姜焼き弁当にいちゃもんをつけて街頭ででかい声で笑うくそ業者
「で?何か用か?捕まって少しは自分達の過ちに気づいたか?どうなんだよ?」
「そんなもん知るか、騙される方にも問題があんだろ、吉雄」
「おい、てめえ呼び捨てか?いくつだ?」
「教えねえよ、お前がいくつだ?言えよ」
「言わねえよ、ん?」
「何だコラ!シカトこんてんじゃねえぞ?びびってんのか?」
「てめえ風俗帰りだろ?図星か?」
「え、違うぜ」
違うぜって、違うわとか言えよ。さっきの勢い何処言ったんだよ。
「てめえの体から石鹸臭い匂いがするもんでね」
「やべえ、バレてるじゃん」
「まったくだ、吉雄の分際で」
そこで更にたたみかけをしようと
「出会い系サイトの運営で女の子がどういう子か分かってるんじゃないのか?よっぽどだぞ?出会い提供者が風俗とは」
「てめえ言わせておけば」
「おい待て、俺にいい考えがある」
「マジで?前回もこんな話ししなかったか?」
「いいから聞け」
何やら話し込む悪質業者、そして二人が

「確かにあんたの言ってる事は確かかもしれない」
「ああ、俺達はもてねえよ」
「あ?そんな事は別にいいんだよ、何勝手に謝ってんだよ?」
「少し考え改めないと駄目だな」
「ああ、俺先に帰るわ」
「おいまだ話し終わってないだろ」
そのとき背後から何かが一瞬で俺にまとわりつくそんな感じがしました。
「あ、てめえ!また不意打ちする気か!」
「公共の場で恥さらしてみせてやるぜ!」

尻叩き

「痛え゛!離せこらぁ!」
「どうだコラ!」
「やめろ!離せコラ!ケツが腫れてきた感じがするぞコラ!」
そこへ今回は読んだ記憶もないのだが警察がやったきた。
だが今回は
「すいませんけど悪酔いは回りにご迷惑かけますのでほどほどにして下さい」
「あ、すいません気をつけますので☆」
こいつ友達ぶりやがった!
「今回で前回の復讐はしたぜ」
「復讐?何言ってんだ?お前らが…」
「今のうちに言っておいてやるが次はこんなもんじゃ済まさないからな?ボケ!」
「てめえ、覚悟しとけ、絶対潰してやるからな!」
てな事が街頭のど真ん中で行われましたが誰一人止めに入る者もなく世間の冷たさも身をもって知った今日この頃です。
てか次会ったらたたじゃおかねえからな!クソ業者が!
てか前回も今回もボコボコにされたから次こそ…ボコボコにしてやる!
てかあいついくつなんだよ?タメ口しやがって


吉雄審査済み安全優良サイト

  • ハートフルステーション : 初心者に優しい、始めて出会いを求める人にお薦め!
  • センター : 忙しい社会人に人気の大人の出会い系サイト!
  • NOEL : 業界大手の老舗サイトの最近のトレンドは「軽会い」。気軽に会おう
  • らぶらぶメール : 今が旬!注目の恋愛コミュニティサイトだ!
  • Deeps : もっとも真剣な出会いを応援している出会い支援サイトだ!