悪質出会い系を潰そうの会トップ

サイトマップ

スーパーの惣菜半額タイムとは明らかに撲滅活動だ!

吉雄が歩いたあとは花が咲くとよく言われます。
そんないい伝えがあったのはいつからだろうか?
村人Aは語る。
「吉雄さんがきたべよ、おらの畑を道と間違えて歩いてきたんだべ、おらが怒ったらよぉ領収書はフジ○レビへって言われてまったく意味が分からないべよ。」
という村人、
そこへ村人Bはこう言います。
「いやいや、あの男はただの馬鹿だべ?言葉のキャッチセールスも出来ない奴は馬鹿べよ」
キャッチボールが売りに入るぐらいですからさすがは田舎の方々さすがの俺も圧倒されそうです。
もう村の間では話題で持ちきりの打ち切りですがここで何故俺が歩いたあとは花が咲くかと言う事なのですが、
それにはとても思いもしなかった実態があるんです!
その実態とは?続きは書き物の後半で明らかに!

さて本題に戻りますが俺がふと
「お腹が減ったなり~我輩コロッケが食べたいなり~ぃ」
と似てないコロ助のモノマネをする吉雄がご飯が食べたくなってしまった、
人としてまともに生きているのか疑問がある男が今お腹がすいたとほざいたあと
部屋着のまま近くのスーパーに向かう事になりました。
しかし!このときすでに奴は行動していたとは…
「ジャ~ン、オレ☆」
「ジャ~ン俺☆」
「ジャ~ン折れ!」
マツケンサンバのラストのみにエンドレスで歌いまくるまたくど~いのですがそうしてる間に目的地のスーパーに到着しました。
「我輩が食べたい男爵コロッケはいるなりか?」
いるのか?と言ってるが基本的に一人事しかもコロッケは人物系でもなければ揚げ物系です。
もはや上機嫌で何も周りが見えてない辺りは初めて付き合った彼女に突然別れを告げられてストーカーになった自分のようです。

スーパーに吉雄が無許可入店を決行したのは夜の10時すぎ吉雄が向かう方向は惣菜コーナーです。
「ジャ~ン、オレ☆」
「ジャ~ン俺☆」
「ジャ~ン~それ!折れ!」
スーパーの店内で不気味に聞こえる吉雄の歌が惣菜コーナーに響き渡る…
まるで有線が流れているかのように到着するまであと残すは…
最終コーナーを曲がるだけになりました。
「ジャ~ン、オレ☆」
「ジャ~ン俺☆」
「ジャ~ン~それ!折れ!」
「俺~の腕~折れ!うご!」
さあ到着しました惣菜コーナー、ん?
「何?これは…どういう事だ!?」
よく見ると惣菜全品半額と書かれているじゃありませんか?
こいつは…ビックラこきまろです。
てんぷらに使う巨大なかきあげ、魚のきすが、えびが…
目の前にある品物全てが半額です(他のてんぷらの皆さんも半額です)
「これはいい、コロッケも安く買えるという事ではないっすか」
そしてコロッケコーナーももちろん半額です(札が見えたからね)
「よし!紳士な男爵様はどちらなりか?」
さあテンションもMAX!待ったなしです!
「何だと…?そんな馬鹿な!」
ブラザーぞくに言う男爵がいません!すでに男爵はあてもない旅に出ていたんです。
「俺に何も言わずに男爵が…いなくなってる」
誰もお前の男爵などと決まっていないのですがもはや冷静でいられないのでそっとしてあげる優しさをあげて下さい。

そこへ惣菜の殻をかたずけてるおばちゃんがいたので聞いてみました。
「すいません、あしゅら男爵はどちらに?」
「は?はい?」
「あ、すいません。あしゅら男爵コロッケはいつお出かけになられましたか?」
「…ただいま外出しております」
意味不明な言葉を丁寧にしてしまうこのおばちゃん何者だ?
ショックがでかい…余裕まるでなしのろくでなしブルースです。
怪しい顔をしていたおばちゃんが一言こう言いました。
「あ~惣菜ね?今日中に売りたいのよ~惣菜だからね。
だから余ったものはこうして半額にするのよ~この時間にはだいたい売り切るわね」
普段夜にコロッケが食べたくなる事なんてないから知らなかった…
俺とした事が…だいたい六時すぎぐらいに夕飯を作る主婦対象に食材を半額にするものだと思ってた。
本当未熟者です。
スーパーの惣菜屋のおばちゃん達は開店前に初々しい惣菜達を開発!
「今日もあんたたち頼むからね」
「俺の味にかかればご飯の友ってもんですよ」
などと言ったコミュニケーションをとっているに決まっています。

しかしです、それが夜になるとおばちゃんが惣菜達を半額にしてまで売ろうとするんです。
別に惣菜達が悪いはずはないんです、
いくらなんでもこの仕打ちはないな。
「この野郎、売れ残りやがって。」
「すいません自分は悪気があった訳ではないんです」
「今から人権はさっきまでの半分になるわよ」
「…はい」
多分こんな感じで惣菜達は日々競争しているのではいでしょうか?
一流の惣菜は開店と同時に購入されるぐらいのツワモノです。
残り物は半額で売れてる。それでも残るものは処分されるでしょう…ふとここで思いました。
「惣菜達は撲滅されてるのではないだろうか?そうなのではないだろうか?」
とはいえ俺はあしゅら男爵が旅立ってしまった事で現実的ショックが強すぎてここまで妄想がでかくなりました。
ここで伝えておく事があります。
「先に買っとけ」
買っておかなかったばかりに気分はオイルショック。
家に帰るまでの道のり俺はこんな感じで100メートル先の人に聞こえるぐらいの声で歌ってました。
「ジャ~ン、オレ☆」
「ジャ~ン俺☆」
「ジャ~ン折れ!」
「俺~の腕~折れ!うご!」
「上上下下、ちんこ」
丸出しちんこです。

俺が大人になれるのはいつの日でしょうか?

さて前半に紹介した吉雄が歩いたあとは花が咲くと言われている後編にいくはずでしたが、
あしゅら男爵の失踪により後編はなくなりました。
あしゅら男爵は撲滅されました、悪質サイトと一緒に撲滅されたのかのかは知りませんが。
さっぱり意味が分からない話しがまとまらない夜10時の吉雄でした。
東京は~夜の吉祥寺時ぃ~

吉雄審査済み安全優良サイト

  • ハートフルステーション : 初心者に優しい、始めて出会いを求める人にお薦め!
  • センター : 忙しい社会人に人気の大人の出会い系サイト!
  • NOEL : 業界大手の老舗サイトの最近のトレンドは「軽会い」。気軽に会おう
  • らぶらぶメール : 今が旬!注目の恋愛コミュニティサイトだ!
  • Deeps : もっとも真剣な出会いを応援している出会い支援サイトだ!